2009年 01月 17日
約10年ぶりの走行
先日実家に帰省したとき、久々に鉄道模型を走行させました。
名古屋に出てきてからは帰省しても走行させてなかったから
約10年は動かせてないことになります。

今回走らせるきっかけとなったのは、
実家のレイアウト(と言っても線路を打ち付けただけのお粗末ですが。)を解体するため、
最後の運転ということです。

レールは変色してましたが、磨き上げることで見事に復元。
車両はひと押しすれば動き出し、あとはスムーズでした。
昔の車両や最近購入した車両を走らせました。
1233系+5200系+1620系の長大10両をやってみたり…。

感想
GMのツインモーター車は低速走行がイマイチですな。
起動電圧は低いみたいです。
GMの22000系とTOMIXのビスタカー連結したら実物みたいに出だしガクガクしてました。
走り出すと意外に脱線せずに走ります。


レイアウトは翌日線路を引っぺがして解体。
線路は将来再利用予定です。
その「将来」がいつになるのか未定ですが。
c0118374_1543954.jpg

[PR]

by vistasnack | 2009-01-17 15:04 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://vistasnack.exblog.jp/tb/10636179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 12410系(資料用)      栄光の近鉄特急 >>