<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 06日
模型製作の参考に?
記憶頼りですが模型製作の参考にでもなればと思い、書いてみます。

1.特急車の号車振り順
昔は大阪・京都始発は大阪・京都側が1号車、名古屋始発系統が名古屋側が1号車でしたが、
(名阪特急は大阪行と名古屋行で号車順が逆でした)
2003年に大阪・京都始発系統については逆転し、
大阪・京都側が大きい号車になるように変更されました。
車両の向きと号車の関係が統一化されたとも言えます。

2.特急車の禁煙車号車表示
1983年に初めて近鉄特急に禁煙席が出来た時の表示は下の画像の通りでした。
※部品販売で買った物をスキャン
c0118374_9242495.jpg

その後、1985年に1号車全体が禁煙席になってからは、席表示の部分が
「禁煙車 NO SMOKING CAR」の表示に変わりました。
1990年に6号車、1992年に8号車、1995年に3・10号車と順に追加されていきましたが、同様の号車表示でした。
1998年に禁煙車・喫煙車の固定化を図る際に、大阪・京都始発系統が奇数号車、
名古屋始発系統が偶数号車の振り分け方に変更され、その時に号車表示のみとなりました。
その後、2003年に禁煙車が増加(喫煙車を原則1・5・A号車とする)し現在に至ります。

3.特急車の組成について
2003年の禁煙車増加までは色々な組成方法が見られました。
※例:8両編成を組む場合、4+4 2+2+4 4+2+2 2+4+2 2+2+2+2が考えられる。
2003年以降、喫煙車が1・5・A号車となり、
また、喫煙車両は単編成で見た場合最も名古屋寄りの1両に固定され、
※例:12200系の場合ク12300、22000系の場合モ22400
その他の車両は灰皿が撤去されました。
そのため、8両編成で2+4+2の編成が組めなくなりました(灰皿の無い車両が5号車になってしまう)。
※例外で ←名古屋AB+1234+56という組成はあります。

4.異系列併結
11400系と22000系の併結は定期列車でもありました。
一度しか見たこと無いですが、11400+11400+22000の阪伊乙特急がありました。
志摩磯部駅の近くで見たので1993年頃だと思います。

5.特急車の前面表示幕について
1993年頃から英字併記表示に順次取り換えられていきました。
そのため、11400系でも英字併記表示になった車両がありました。
30000系は更新時に赤地の物に取り換えられましたが、何故か白地になっている車両がありました。
※テイチクの奈良線展望ビデオの中に写っています。
また「大阪上本町」の表示は、
当初「大阪(縦書)上本町」→2004年頃~?「上本町」→2009年以降現在まで「大阪(横書上付文字)上本町」
と変化しています。


証拠写真もなくだらだらと書いてしまいましたが、時代考証にこだわる方は参考にしてみて下さい。
[PR]

by vistasnack | 2014-05-06 09:25 | その他 | Trackback | Comments(0)