2016年 12月 30日
正月休みで
c0118374_23201787.jpg
c0118374_23201522.jpg
c0118374_23201305.jpg
c0118374_23195039.jpg
c0118374_23193601.jpg
最近購入したビスタEXを中心に虫干し運転しました。
重連や原型との併結等、昔見た光景を手軽に模型で再現できるようになり嬉しい限りです。

手を入れる時間が確保できるのはまだまだ先のようです。
後ろに散らかっているおもちゃで娘の相手をするのが優先です。

最後になりましたが、
本年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。
模型製作とは離れてしまっていますが、
いつか再開できる時までお待ちいただけたら幸いです。



[PR]

# by vistasnack | 2016-12-30 23:23 | その他 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 27日
楽しかった近鉄沿線暮らし
待望の近鉄沿線で生活を始めて3年少々、
勤務地やこの先を色々考えた結果、沿線を離れて生活する事を決めました。

初めて借金を抱えることとなりました。

でも、ちゃんと電車が見える所を選んでおります。
しかも2路線が見える所を。

表札がKINTETSU ZZ000みたいな家を見かけたら、それが私の家じゃないかなと思って下さい。




[PR]

# by vistasnack | 2016-08-27 22:06 | その他 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 21日
22000系+11400系
実家から22000系を持ってきたので、
やってみたかった22000系試運転時の組成を組んでみました。
c0118374_2218914.jpg
c0118374_22181972.jpg
c0118374_22183064.jpg

実物は22000系の1次車が使用されていますので、ちょっと違います。
単に記念撮影がしたかっただけです。すみません。

22000系ですが、富士川車輛工業から出ているクーラーメッシュシールを貼り付けて
少しグレードアップをしてみました。
単なる色入れだけよりはぐっと良くなります。
c0118374_22231294.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-02-21 22:24 | 11400系タイプ(完) | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 06日
12249F製作(1) 懐かしの710列車
以前から製作してみたかった12200系原型の6両固定編成です。

過去に取り上げた事がありますが、
6両固定編成に含まれていたモ12029・12030、サ12129・12130は
屋根の排気扇形状が特徴的で、その関係で配管の取り回しも若干違う車両です。
http://vistasnack.exblog.jp/21448537/
この形態を再現したくて、今回板キットを使用して製作します。

手を入れる部分は12237F製作と同じ部分が多いので、
こちらでは相違点をメインに書いていこうと思います。

タイトル名にある「懐かしの710列車」ですが、
私が小学生になる頃(1987年頃)、710列車に運用される車両が大体12200系の6両固定でした。
模型もその頃の姿を再現しますが、写真や資料が少ないので想像で製作する部分も多くなります。

710列車は現在の6714列車とほぼ同じダイヤの列車です(賢島7:20発名古屋行)。
遠出する時はよくこの列車に乗りましたし(名古屋・京都・大阪へ便利に行ける)、
平日はこの列車を見てから学校に行っていました。
当時、志摩線には6両編成までしか入線できないため、
この列車は6両編成(3~8号車)で志摩線内を運転。鳥羽で前に2両増結していました。
志摩線内の8両対応化後は真っ先にこの列車が8両に変わった覚えがあります。


ストックからまた開封です。
c0118374_2095626.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-02-06 13:09 | 12249F製作 懐かしの710列車 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 03日
1011F製作(2)
正月休みということもあり、娘が寝た隙に軽く出来る模型イジリをしています。

モ1060の屋根板はモ2650の物を使用しますが、
そのままでは短いので両端を0.5mmづつ延長しました。
また、実物写真を参考にパンタ位置を少しずらしました。
c0118374_16333759.jpg


パンタ下のダクトですが、キットのパーツは全長にわたって高さが低いのですが、
実物を見るとパンタの下だけ高さが低いので、切り継いで表現します。
c0118374_1645514.jpg


各車とも屋根板の雨樋を削り、幅も若干詰めてからボディにはめ込みます。
なお、屋根板裏の両端のリブを削らないとボディの雨樋より屋根が浮いてしまいます。
c0118374_164921100.jpg

c0118374_16502770.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-01-03 16:55 | 1011F製作 | Trackback | Comments(0)