2016年 02月 21日
22000系+11400系
実家から22000系を持ってきたので、
やってみたかった22000系試運転時の組成を組んでみました。
c0118374_2218914.jpg
c0118374_22181972.jpg
c0118374_22183064.jpg

実物は22000系の1次車が使用されていますので、ちょっと違います。
単に記念撮影がしたかっただけです。すみません。

22000系ですが、富士川車輛工業から出ているクーラーメッシュシールを貼り付けて
少しグレードアップをしてみました。
単なる色入れだけよりはぐっと良くなります。
c0118374_22231294.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-02-21 22:24 | 11400系タイプ(完) | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 06日
12249F製作(1) 懐かしの710列車
以前から製作してみたかった12200系原型の6両固定編成です。

過去に取り上げた事がありますが、
6両固定編成に含まれていたモ12029・12030、サ12129・12130は
屋根の排気扇形状が特徴的で、その関係で配管の取り回しも若干違う車両です。
http://vistasnack.exblog.jp/21448537/
この形態を再現したくて、今回板キットを使用して製作します。

手を入れる部分は12237F製作と同じ部分が多いので、
こちらでは相違点をメインに書いていこうと思います。

タイトル名にある「懐かしの710列車」ですが、
私が小学生になる頃(1987年頃)、710列車に運用される車両が大体12200系の6両固定でした。
模型もその頃の姿を再現しますが、写真や資料が少ないので想像で製作する部分も多くなります。

710列車は現在の6714列車とほぼ同じダイヤの列車です(賢島7:20発名古屋行)。
遠出する時はよくこの列車に乗りましたし(名古屋・京都・大阪へ便利に行ける)、
平日はこの列車を見てから学校に行っていました。
当時、志摩線には6両編成までしか入線できないため、
この列車は6両編成(3~8号車)で志摩線内を運転。鳥羽で前に2両増結していました。
志摩線内の8両対応化後は真っ先にこの列車が8両に変わった覚えがあります。


ストックからまた開封です。
c0118374_2095626.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-02-06 13:09 | 12249F製作 懐かしの710列車 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 03日
1011F製作(2)
正月休みということもあり、娘が寝た隙に軽く出来る模型イジリをしています。

モ1060の屋根板はモ2650の物を使用しますが、
そのままでは短いので両端を0.5mmづつ延長しました。
また、実物写真を参考にパンタ位置を少しずらしました。
c0118374_16333759.jpg


パンタ下のダクトですが、キットのパーツは全長にわたって高さが低いのですが、
実物を見るとパンタの下だけ高さが低いので、切り継いで表現します。
c0118374_1645514.jpg


各車とも屋根板の雨樋を削り、幅も若干詰めてからボディにはめ込みます。
なお、屋根板裏の両端のリブを削らないとボディの雨樋より屋根が浮いてしまいます。
c0118374_164921100.jpg

c0118374_16502770.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-01-03 16:55 | 1011F製作 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 02日
1201系鉄コレ
随分間を空けてしまいました。
いつの間にか70000アクセスを突破してました。いつもご覧頂きありがとうございます。

鉄コレで1201系が発売されたので購入しました。
前に限定発売された物が一般発売になったようです。
限定発売時のプレスリリースのリンク、まだ残ってました

前回は1200系としての発売でしたが、
今回は1201系となりワンマン対応・車体更新後(水切り取付)の姿となっています。
c0118374_135164.jpg

c0118374_135237.jpg

c0118374_1364198.jpg

付属シールに「ワンマン」表示器と車外スピーカが追加され、
きちんと名古屋線系の行先が付属しています。
(前回はなぜか「快急 三宮」等が付属してました)
動力台車用の台車枠が付属しているのが嬉しいです。
c0118374_13161126.jpg

床下を見ると前回品と同一のようで、2009年の刻印があります。
c0118374_1310879.jpg


ここからは実物の情報です。
現在の形態は下表のとおりとなります。
c0118374_1315128.png

大まかに分類すると、RC01~04(1201F~04F)が車体更新とワンマン改造を同時に行ったタイプ。
RC05~10(1205F~10F)が車体更新を実施後、後にワンマン改造を行ったタイプとなります。

サイドビュー・屋上写真はこちらから

左:モ1201(ワンマン改造初期タイプ) 右:モ1207(ワンマン改造後期タイプ) 2015年9月20日 白塚駅
c0118374_14511187.jpg

転落防止板が板タイプのRC01(1201F)
c0118374_14585053.jpg

転落防止板が棒タイプのRC07(1207F)
c0118374_15242133.jpg

前面ワンマン表示器が無く、行先表示器にワンマン表示するタイプ(モ1201)
RC02(1202F)もこのタイプでしたが、現在はワンマン表示器が取り付けられています。
c0118374_1535018.jpg

前面ワンマン表示器付のタイプ(ク1309)
c0118374_1542823.jpg

このタイプは最近表示器を更新し、ワンマン表記が見やすくなりました。(モ1210)
c0118374_1553018.jpg

側面スピーカーは車体更新と同時に取り付けたタイプは車体に取り付けられています。(車番不明)
c0118374_1518294.jpg

のちにワンマン改造されたタイプは取付の容易化のためかクーラキセに取り付けられています。(ク1309)
c0118374_15181784.jpg

車椅子スペースはRC09・10(1209F・1210F)のみに有り、モ・ク共にスペースがあります。
c0118374_1523662.jpg


内装については写真が無いため省略します。

運用は賢島~白塚のワンマン普通運用はもちろん、
名古屋線の急行・準急運用・ツーマン普通運用にも充当され、幅広い活躍をしています。
c0118374_15324561.jpg

c0118374_15331485.jpg

c0118374_15334414.jpg

c0118374_15335399.jpg

c0118374_1534222.jpg

[PR]

# by vistasnack | 2016-01-02 10:02 | レビュー・整備 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 16日
1005F製作(資料)
当面製作が進む予定はありませんので、
資料だけでも上げときます。

※前面周りと妻面の撮影日は2013年9月20日 白塚駅にて

前面周り
モ1005
c0118374_148690.jpg

ク1105
c0118374_1483348.jpg

c0118374_1485271.jpg


妻面
モ1005-モ1055間(海側)
c0118374_14102837.jpg

c0118374_1410431.jpg


モ1005-モ1055間(山側)
c0118374_14111821.jpg

c0118374_1411574.jpg


モ1055-ク1105間(海側)
c0118374_14124363.jpg

c0118374_14125523.jpg


モ1055-ク1105間(山側)
c0118374_1413398.jpg

※1105側は撮り忘れたようです…。

サイドビュー
近鉄1000系1005F(T05)海側側面 2013.10.13
近鉄1000系1005F(T05)海側側面 2013.10.13 posted by (C)vistasnack

近鉄1000系1005F(T05)山側側面 2014.09.28
近鉄1000系1005F(T05)山側側面 2014.09.28 posted by (C)vistasnack

屋根上
近鉄1000系1005F(T05)屋根上(名古屋方より撮影) 2012.10.11
近鉄1000系1005F(T05)屋根上(名古屋方より撮影) 2012.10.11 posted by (C)vistasnack
[PR]

# by vistasnack | 2015-08-16 14:14 | 1005F製作 | Trackback | Comments(0)